「うらやま」の豊かな自然を再発見しよう。

展示紹介

特別展示

「里山のくらしと生物多様性」(あいち・なごや生物多様性2020連携事業)

「里山ってなんだろう?」かつては身近だった里山、犬山にはたくさん残っています。人間の暮らしと里山の関係性もみてみましょう。
里山学センターオリジナルゲームもできます。一人でもみんなでも、小さなお子さんからでもできるよう段階に合わせた遊び方を用意しています、大人もチャレンジしてみてください。

「生き物みっけ」ゲーム参加でプレゼントが!
「タニガワナマズ」(57年ぶりに見つかった新種ナマズ!!)

エントランスの水槽にいます!(ちょっと恥ずかしがり屋さんです)

お昼は眠たいの〜

常設展示

シンボルツリー

ツリーに隠れている野鳥や動物のお尻から「生きものみっけ」をしてみよう

どんな生きものがいる?
野鳥の剥製

周辺で見られる野鳥の剥製。いつもは近くで見ることのできない鳥もじっくり観察できます

上の方もみてみて!
里山の風景ジオラマ

季節ごとに変わっていくセンターの名物!手作りの醍醐味がここにあります

季節に合わせて変化します!
水辺の生きもの

犬山市内の川やため池にいる生物の標本。形や大きさもじっくり観察できます。

他県では貴重な種も!
里山の暮らしの中の植物【竹】・【草木染め】

草木で染められた布が窓際でひらひらと舞っています

竹って本当にいろんな事に使えます
外来種っておじゃま虫?

外来種って本当はどんな生き物なのでしょうか

どうして日本に来たの?